たまにはプログラミング言語で遊ぶ。Go言語でFizzBuzz。

Go言語コード

fizzbuzz.go

package main

import (
    "fmt"
)

func fizzbuzz() {
    for i := 1; i <= 100; i++ {
        if i%3 == 0 && i%5 == 0 {
            fmt.Println("FizzBuzz")
        } else if i%3 == 0 {
            fmt.Println("Fizz")
        } else if i%5 == 0 {
            fmt.Println("Buzz")
        } else {
            fmt.Println(i)
        }
    }
}

func main() {
    fizzbuzz()
    afterMain()
}

func afterMain() {
    fmt.Println("\nOh...I don't like you. FizzBuzz-chan...")
    fmt.Println("You mean nothing to me.")
}

出力

(// はコメント。実際には書かない。)

$ go fmt fizzbuzz.go // go fmt でインデント等を強制的に整形する。
fizzbuzz.go // 成功するとファイル名だけ出力。
$ go run fizzbuzz.go // go run で、ここではスクリプトのように実行する。
1
2
Fizz
4
Buzz
Fizz
7
8
Fizz
Buzz
11
Fizz
13
14
FizzBuzz
16
17
Fizz
19
Buzz
Fizz
22
23
Fizz
Buzz
26
Fizz
28
29
FizzBuzz
31
32
Fizz
34
Buzz
Fizz
37
38
Fizz
Buzz
41
Fizz
43
44
FizzBuzz
46
47
Fizz
49
Buzz
Fizz
52
53
Fizz
Buzz
56
Fizz
58
59
FizzBuzz
61
62
Fizz
64
Buzz
Fizz
67
68
Fizz
Buzz
71
Fizz
73
74
FizzBuzz
76
77
Fizz
79
Buzz
Fizz
82
83
Fizz
Buzz
86
Fizz
88
89
FizzBuzz
91
92
Fizz
94
Buzz
Fizz
97
98
Fizz
Buzz

Oh...I don't like you. FizzBuzz-chan...
You mean nothing to me.

(はてなブログにコードを貼り付けると反映されないかもしれないが) go fmt filename.go でインデント等を強制的に整形すると、インデントがタブ * 2(スペース換算だと8個分)になって、いつの時代のインデントスタイルだよとやや閉口するが、インデント論争に強制的に終止符を打ったのは、老人どもめやはり凄いなと思う。

ファイル分割する際は、お作法にちょっと最初は手こずるが、慣れれば合理的だと納得できる。

あと、最初にどう環境を作るかが悩ましいと思う。

あとは、エラー処理かな、やっぱり。